ホーム > GIMP動画・基礎編 > GIMPの画像自動切り抜きで、周りの空白をトリミングして、自動で中心にする。動画あり

GIMPの画像自動切り抜きで、周りの空白をトリミングして、自動で中心にする。動画あり

このエントリをはてなブックマークに登録
2010 年 8 月 26 日 コメントをどうぞ コメント

フリーソフトのGIMPで、「画像自動切り抜き」を使い、文字や建物や人物を中心にしてトリミングしてみる。

普通のトリミングと違い、その対象物が自動で中心になります。

テキストなどを作った際にちゃんと中心にならない場合は良く有りますよね?そんな場合に周りの空白を取り除いてくれます。



何か書く>画像・画像自動切り抜き、、書くことはあんまりないんですけど、使ってみると便利です。

画像のように、ぎりぎりまでトリミングするので、用途に応じて普通の切り抜きと使い分けるといかもしれません。

それと選択対象を、中心に置く方法としては、選択(難しい字のきょけい選択?)で下の方の「値を固定」で選択範囲を指定できます。

画像の大きさから、選択範囲の大きさを引いて、それを2で割って、その値を位置にそれぞれ入力します。これも書こうかな。


スポンサード リンク
関連記事もどうぞ。

GIMPでこんなん作りました。(画像にカーソルあわせるとタイトル出ます。)
GIMPで文字や図形を立体的(3D)にする方法。 GIMPで半透明のテキストを書く方法。【動画あり】 GIMPでグラデーションを綺麗に描くコツ【動画】 IPPONグランプリの黄色と黒の画像を真似してみたが、【動画あり】 GIMPのスタンプで、人や建物など複雑な画像をコピーしてみる2。動画あり GIMPで虎をオーラっぽく光らせてみる。 GIMPでお勧めのサイト、GIMP思い込みチュートリアル(GIMPの使い方) GIMPでセロハンテープの画像を作る方法。【動画あり】 GIMPで30秒で窪んだテキストを書いてみる。動画あり GIMPでスライム描いてみた、5分くらい【動画】
カテゴリー: GIMP動画・基礎編
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。